魚の目 治療法

魚の目は靴が足に合っていないことでできます。開張足の人は魚の目ができやすいので開張足を防ぐ訓練をします。自分の足に合った靴を履くことで魚の目を防止するとともに、できた場合は保護パッドなどを使って根気良い治療を続けます。

魚の目 治療法TOP

魚の目とは

サイズが合わない靴を履いていたり、窮屈な靴を無理に履きつづけると、足の裏や指の間に皮膚が硬くなった部分ができて、ある日突然痛み出すことがあります。

これは足の裏や指がサイズの合わない靴を履きつづけたために圧迫を受け、人体の防御反応で圧迫された部分が角質化してその中に芯ができて神経を刺激するようになったからです。

これを正式には鶏眼(けいがん)と呼びますが、魚の目に似ていることから通称「魚の目(うおのめ)」と呼ばれております。

同じようなもので「たこ」と呼ばれるものをご存知だと思いますが、この「たこ」は皮膚が角質化した点では魚の目と同じですが、中に芯は持っておりませんので痛むこともほとんどありません。

魚の目ができてしまうと、芯がなくならない限り完治しませんので治療に時間がかかり厄介な思いをしなければなりません。

魚の目ができやすい人

人間には体質がありますので、同じ病気でも罹りやすい人と罹りにくい人がおります。

魚の目の場合は、足の形によってできやすい人がいます。よく「偏平足」の人は長時間歩けないとか運動に向いていないなどということを以前は聞きましたが、現在は機能的には何ら変わりはないと言われております。

偏平足は土踏まずがないような状態ですが、魚の目ができやすい人は、開張足といって、足の親指と小指とかかとを結ぶ逆三角形のラインにアーチがない、いわゆる扁平の人がなりやすいといわれます。

かかとに魚の目ができることは少ないですが、親指と小指を結んだラインの中央部にアーチ(くぼみ)がないと、足が圧迫を受けた時にその中央部が直接圧迫を受けて血行障害などを起こし、その結果皮膚が角質化して魚の目やたこができる原因になります。

第2指と第3指のつけ根の部分に魚の目ができるのはこのためです。その他にも、足指の間や上側など靴の圧迫を直接受ける部分に魚の目はできます。開張足は、運動不足や長時間の立ち仕事による疲労などが原因といわれます。

歩くことをしないと指の骨をつなぐ靭帯が弱り、その状態で立ち仕事を続けると靭帯が延びきってしまいます。この靭帯の緩みが開張足を惹き起こすといわれております。床に裸足で立ち、足指で床を掴むような感じで前進する歩行を2〜3分間毎日続けることで血行が良くなり開張足を矯正したり予防できますので試みてください。

魚の目を予防するには

魚の目ができるのは、大部分が靴に原因がありますので、履いている靴をチェックすることが大切です。

女性の場合はファッションにこだわりますので、先がとんがった靴やハイヒールを好んで履きますが、このような靴は魚の目が好む靴です。

長さは勿論のこと靴の幅があっていない靴は魚の目ができやすいと言えます。あなたは靴のつま先がきついものを履いていませんか?

薄底の靴も足裏に与える衝撃が強いので避けます。どうしても履きたい時は、クッションの良いインソールを敷きます。

ヒールが高いと指に圧迫がかかりますのでできれば避けるか、短時間の使用に留めます。靴を自分の足に気持ちよくフィットするものにすることで、魚の目を予防することができます。

魚の目の対処法

残念ながら魚の目ができてしまったら、できるだけ初期のうちに処置をしましょう。魚の目が初期であれば、市販のたこ・魚の目保護パッドを根気よく貼っておくことで治すことが可能です。

自分でカミソリやカッターなどを使って魚の目を切り落とそうとする人がいますが、細菌感染したりしますのでやらないようにしてください。魚の目は芯を取り除かないと完治しませんので、深く削って炎症を起こしてしまう人もいます。

長期間治療をしないで大きくなってしまったものや痛みを感じて歩くにも苦痛を感じるような魚の目は治療を皮膚科の医師に任せるようにします。従来から伝わっている民間療法としては、もぐさで魚の目を焼いたり、アロエ酒を使った湿布などがあります。

スピール膏を使って患部を軟らかくしていく方法も有効です。この場合も焦って治そうとして芯を無理に取ろうとしないで、長期間スピール膏をぬって自然に芯まで取れるように気長な対応が必要です。

本ウェブサイトについて

・ 本サイトはリンクフリーです。どのページへもご自由にリンクなさってください。
・ 掲載されている情報は不完全な場合があります。自己責任でご利用ください。
・ 本サイトは何も保証しません。一切責任を負いません。