サヴァン症候群 - 症状と有名人

サヴァン症候群は、知的障害や自閉症などがある人がある特定分野で信じられないような能力を発揮するものです。発症する原因はまだ確定していませんが、画像診断技術などの進歩で今後解明が進むものと思われます。

サヴァン症候群 - 症状と有名人TOP

サヴァン症候群とは

テレビで特集されたこともあってか、サヴァン症候群という言葉が最近良く目につくようになりました。

サヴァン症候群という病気はどのようなものなのか、テレビをご覧になられた方はご存知かと思います。

また、20年前の1988年には「レインマン」というサヴァン症候群の方をモデルにした映画が製作されております。

サヴァン症候群とはどのような病気なのでしょうか?知的障害や自閉症などがある人で、音楽・芸術・記憶力等ある特定分野で普通の人が及びもしない才能を発揮する症状をサヴァン症候群と言います。

日本では49歳で亡くなられた「放浪の天才画家」山下 清さんがサヴァン症候群と言われております。

山下画伯は、はり絵の世界で途方もない才能を発揮されておりましたが、知的障害を抱えておられました。映画「レインマン」のモデルとなったキム・ピーク氏は、一度読んだ本を一字一句記憶でき、しかも読んだ本の最後のページから遡って文章を言うことができるというから驚きです。

17歳位までしか生きられないであろうと医師に言われたそうですが、54歳になる現在も健在で7600冊の本を丸ごと記憶しているそうですので、正に「歩く百科事典」です。

音楽の世界ではレスリー・レムケという人が発達障害と自閉症、しかも目が見えないというハンデを抱えながら、14歳の時にテレビで数時間前に行われたチャイコフスキーのピアノ協奏曲第一番を完璧に弾きこなしたといわれております。

一度もピアノのレッスンを受けたこともないのに、現在は自分の国米国だけでなく海外でも演奏を行っており、何千曲も演奏できるそうですから普通の人間には信じがたい事実です。

サヴァン症候群の原因は?

このような超天才がなぜ知的障害や自閉症の人から出るのか、非常に興味を惹かれますが、確定的な原因はまだつかめていないようです。

現在は脳の器質因に原因があるという説が有力のようですが、自閉症障害の人が持つ特異な認知能力に原因があるという説も捨てがたいようです。

サヴァン症候群は自閉症の10人に1人、脳損傷患者あるいは知的障害者の2000人に1人の割合で出現するといわれますので、いかに自閉症の人が多いかということが分かります。自閉症の人は、○具体的なことを良く理解して記憶する、○視覚的な認識・記憶力が良い、○決まったパターンの繰り返しに強い、○好きなことへの集中力があるなどの特長があります。

視覚的な認識・記憶力があり集中力もあれば、楽譜などを覚えるのは簡単でしょうね。楽譜を覚えることに苦労している私から見れば羨ましい限りです。最近は画像診断が医療の分野でどんどん取り入れられておりますので、サヴァン症候群の画像診断からのアプローチも盛んです。

画像研究の結果では、長い間唱えられていた「大脳の左半球損傷説」が裏付けられる可能性があるようです。また、認知症の患者が突然サヴァン症候群に似た徴候を示すことがあることも報告されておりますので、歳を取ってから大天才と呼ばれることになるかも知れません。でも、できれば健康の上で天才呼ばわりされたほうがいいですね。

本ウェブサイトについて

・ 本サイトはリンクフリーです。どのページへもご自由にリンクなさってください。
・ 掲載されている情報は不完全な場合があります。自己責任でご利用ください。
・ 本サイトは何も保証しません。一切責任を負いません。