愛犬の涙やけ対策

犬や猫に起こる涙やけは、目の乾燥を防ぐために産出される涙が過剰となり、目の周辺の毛を変色させたものです。対策は目の周辺の清潔保持・冬の時期の温度管理・体質改善としてのドッグフードの点検などがあります。

愛犬の涙やけ対策TOP

涙やけの原因

「涙やけ」という言葉をご存知でしょうか?犬や猫を飼っておられる方ならご存知でその対策に苦労されていることでしょう。

白系の犬や猫を見ると、時々目の周りの毛が茶色く変化しているものがいて、人間でいう「くま」みたいに見えることがありますね。

涙は目の乾燥を防ぐために産出されます。この涙は、鼻涙管を通じて鼻腔・口腔へとおりていきますのでこの機能がきちんと働いていれば涙が目の周辺に留まることはありません。

しかし、涙が過剰に産出されたり、鼻涙管が彎曲したりして管が狭くなっている場合などに涙が下のほうに排出されず、目の近辺に留まってしまいます。

そして、この涙の成分が大事なペットの目の周辺に生えている毛を茶色に変色させてしまいます。これが涙やけなのです。機能が正常でもチワワのように目が大きい種類のワンちゃんは、大きい眼を保護するために多量の涙を産出しますので、涙が過剰となって涙やけができることがあります。

チワワは悲劇役者に向いているのかも知れません。また、短吻種と呼ばれる鼻が短いワンちゃんの種類は鼻涙管に欠陥が起こりやすくやはり涙やけが多いと言われます。

涙やけ対策で苦労されている愛犬家

我が家はワンちゃんを2匹飼っていますが、柴犬の親子ですのでこれまで涙やけになったことはありません。でも、体調が悪そうな時にたまに目やにを出すことがあります。

このような時はガーゼを救急箱から取り出して適当な大きさに切って、ワンちゃんの頭をなでなでしながらガーゼで目やにを取り除いてやります。この程度の処置で済んでしまうのであれば簡単ですが、涙やけで苦労されている愛犬家の話を聞くと大変ですね。

ワンちゃんは自分の目をいじくられるのが厭で抵抗する、早く処置をしないと毛が変色してしまうと愛犬家はあせるなど「涙やけ物語」が語られます。

愛犬家が取られている涙やけ対策は、(1)市販の涙やけ用ローションか5パーセント程度のホウ酸水をコットンに含ませて、愛犬の頭を撫でたりしてリラックスさせながらそのコットンで目の周囲をふき取ってやる。ふき取った後を乾いたコットンでもう一度拭く。この処置を続けて目の周辺を清潔に保つ。

(2)冬は寒さの影響で涙を多く出し涙やけする恐れが高いので、早めに室温対策をしてやる。室温は常時23〜25℃を保つようにする。暖房はエアコンを使い床暖房があれば併用する。ワンちゃんにストレスを与えない。

(3)根本的な涙やけ防止対策として体質改善を目指しドッグフードを点検する。動物病院と相談して何種類か試して愛犬に一番合うものを使う。ただし、ドッグフードの効果が現れるのは早くても3ヶ月以上かかる。

このようなお話を聞くと我が家の愛犬は手がかからないほうだなと愛犬に感謝しております。我が家の近くに2匹のチワワを飼われている愛犬家がおりますが、チワワは身体がデリケートなので随分大変なようです。

本ウェブサイトについて

・ 本サイトはリンクフリーです。どのページへもご自由にリンクなさってください。
・ 掲載されている情報は不完全な場合があります。自己責任でご利用ください。
・ 本サイトは何も保証しません。一切責任を負いません。