ケイトスペードの通販 - 財布やアウトレット

ケイトスペードはデザイナーのケイト・ブロスナンと後に夫となったアンディ・スペードが協力してケイトスペードのハンドバッグを発売したのが高い評価を受けブランドを確立しました。積極的に事業を拡大し日本にも5店舗があります。

ケイトスペードの通販 - 財布やアウトレットTOP

ケイトスペードの出世物語

日本でも人気があるアメリカ生まれのブランド「ケイトスペード」の出発は、1993年1月に「ケイトスペード・ハンドバッグ」を発売したことから始まります。

わずか10年足らずの間にアメリカ発の世界のブランドにまで成長しました。まさにアメリカンドリームの実現といえます。

ミズーリ州カンザス・シティで生まれ育ったキャサリン(ケイト)・ノエル・ブロスナンと会社設立当時はパートナーで後に夫となったアンディ・スペードの名前を組み合わせて「ケイトスペード」を設立したのがそのままブランド名となっております。

1993年のケイトスペード・ハンドバックの発売をきっかけにそのデザインが高く評価され、1996年に米国ファッション協議会(CFDA)のアクセサリー新人賞、1998年には同協議会のベストデザイナー賞を受賞し優秀なデザイナーとしての地位を固めました。

この後も権威あるデザイン賞を3つも獲得しております。ケイト・ブロスナンは1986年に大学を卒業して「マドモアゼル」誌に就職し1991年に同社を退職しましたが、この間にシニアファッションエディターとしてアクセサリー部門を統括するまでになっております。

この時の経験から、ファッション市場におしゃれで実用的なハンドバッグがないことに気がつき、自分でデザインを始めたことが今日のケイトスペードにつなっがっております。

当初はパートナーであったアンディ・スペードの協力で次々とヒット商品を出し、瞬く間にケイトスペードのブランドを確立するなど右肩上がりの成長を続けています。

ケイトスペードの製品と販売店

1993年にハンドバッグの製造・販売から出発したケイトスペードは、その後デザイン力を活かして次々に新しい分野の事業拡大を図っております。1998年に文具とペーパー製品が加わりました。

アドレスブック・日記帳・グリーティングカードやクラシックな鉛筆や消しゴムなどが出回っております。1999年11月にはケイトスペードのユニークなセンスと洗練された色遣いを取り入れたシューズ・コレクションを発表、2001年にはすっきりしたデザインとクラシックなハーモニー、そしてサプライズまで取り入れた眼鏡、2004年春には、食器・壁紙・布地・その他活き活きとしたインテリア製品をホーム・コレクションとして発表しております。

この他にも、子供用品や香水などがあります。日本国内の販売店は2004年4月に東京の青山にあるモダンな私邸を買い取り、2階建て総面積2000平方フィートの規模をもつ青山フラグシップ店を開店したのが第1号です。この青山店を含めケイトスペードの独立店舗は5つあります。

本ウェブサイトについて

・ 本サイトはリンクフリーです。どのページへもご自由にリンクなさってください。
・ 掲載されている情報は不完全な場合があります。自己責任でご利用ください。
・ 本サイトは何も保証しません。一切責任を負いません。