いぼ治療 - 足の裏のいぼを治療しよう

いぼはウイルスが原因でできる良性の小型腫瘍です。いぼの種類は普通のいぼから伝染性のあるみずいぼや性器いぼまで多種にわたります。普通のいぼは放っておいても自然治癒しますが、痛みや感染性のあるいぼは治療する必要があります。

いぼ治療 - 足の裏のいぼを治療しようTOP

いぼって病気なの?

私たちはごく当たり前のように皮膚にできた突起状のものを「いぼ」と呼んでいますが、これは良性の小型の腫瘍でヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルスが皮膚や粘膜に感染してできたものです。

いぼの正式な名称は「疣贅」というそうですが、かながふってないと読めませんね。「ゆうぜい」と読みます。

いぼは足裏にできたものを除いて痛くはないので、気になる場所にできていなければアクセサリーのような気がします。ウイルスが原因ですのでやはり病気のひとつなのですね。

普通のいぼや魚の目・たこ・さめはだなど皮膚の角層が厚くなったりざらざらしてくるものを総称して角化症と呼んでいます。

いぼの種類

いぼの種類としては、(1)ふつう私たちがいぼと呼んでいる「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」、(2)若い女性の顔に多く見られるこめつぶ大の平たく隆起した褐色の「青年性扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)」と呼ばれるいぼ、

(3)皆さんが子供の時に経験されたことがあると思いますが、みずいぼといわれる「伝染性軟属腫」、(4)老人の顔や体幹にできる大豆大までの大きさで褐色あるいは黒色を呈する「老人性疣贅」と呼ばれる老人のいぼ、(5)「尖形コンジローム」と呼ばれる性器にできるいぼ、

(6)「鶏眼」と呼ばれる魚の目、(7)「べんち腫」と呼ばれる「たこ」、(8)生まれつき皮膚がざらざらしてうろこ状の外観を呈し、「尋常性魚鱗癬(じんじょうせいぎょりんせん)」と呼ばれる「さめはだ」などがあります。

いぼはウイルスが原因と言われておりますので、いぼができると他の人に移してしまいそうですが、みずいぼと性器いぼを除いては、他の人への感染はあまりみられないようです。また、「老人性疣贅」は皮膚がんの前症状に似ていますので、急に大きくなったり黒みが増してきたとき、あるいは赤みや出血・かゆみなどの症状が出たらできるだけ早く検査を受けましょう。

いぼの治療

「尋常性疣贅」と呼ばれる普通のいぼは、気にしないで放っておくと1〜2年位経つとなくなってしまうことが多いです。

このためあまり気になる場所でなければ、いぼの治療をしないで自然治癒にまかせても問題はないようです。

足底にできたいぼは歩いたりした時に圧迫を受けますので痛むことがあります。いぼを治療して取ってしまいたいときはいぼを取る薬剤が市販されております。

長期間にわたってできているいぼは治療にもそれだけてこずりますので、医療機関で治療を受けたほうが良いでしょう。

みずいぼは伝染性がありますので、治療は専用のピンセットでひとつずつ取り除いていきますが、対象が子供で取り除く時に相当痛みを感じますので嫌がります。

無理に取らなくても4〜5ヶ月もすれば消えますので、医師によっては治療しない人もいるようです。薬剤を使う場合は硝酸銀の液をみずいぼの頂点にぬって乾燥させて半月もすると取れます。

性器のいぼは治りが遅く伝染性がありますので、切除したり薬剤を使って治療します。その他のいぼの治療として液体窒素を使っていぼを凍結させて取り除く方法もあります。また、あまり大きくなりすぎたいぼはレーザー光線を使って治療することがあります。

これらのいぼ治療は医療機関で受けることになります。

本ウェブサイトについて

・ 本サイトはリンクフリーです。どのページへもご自由にリンクなさってください。
・ 掲載されている情報は不完全な場合があります。自己責任でご利用ください。
・ 本サイトは何も保証しません。一切責任を負いません。