脂漏性皮膚炎の原因と治療

脂漏性皮膚炎は乳児と高齢者が主に罹患する湿疹です。皮脂が真菌により分解された脂肪酸の皮膚刺激で発症すると言われています。医療機関で診断の上で治療を受けるとともに日常生活でも清潔を保ちバランスの良い食事を心がけます。

脂漏性皮膚炎の原因と治療TOP

脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎は脂漏性湿疹とも言います。頭や顔にふけのような付着物を伴う湿疹です。

乳児と高齢者に発症することが多く乳児に発症した場合には「乳児脂漏性湿疹」と呼ぶこともあります。頭や顔に左右非対称の紅斑ができ、かゆみはあっても軽いといわれます。

乳児と高齢者では発症の仕方が異なります。乳児の場合は、ひたいから頭にかけて強い発疹ができます。

これに対して高齢者の場合は眉の部分・鼻翼部分・口の周囲にできます。乳児の場合は、乳児の時期を過ぎるとほとんど治ってしまうと言われますが、時にはアトピー性皮膚炎に移行することもあります。

高齢者にできると完治させるのが難しいようです。

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎ができるのは、皮脂が真菌によって分解され遊離した脂肪酸が皮膚を刺激して接触性の皮膚炎を生じることが一番の原因と考えられています。皮膚は常に皮脂と呼ばれる脂を分泌しています。

一方皮膚にはもともとから棲みついている真菌と呼ばれる菌類がいて、この真菌が分泌された皮脂を分解して脂肪酸という物質を作り出しています。

この脂肪酸は皮膚の保湿の役割を果たし、皮膚を滑らかに保っていますが、皮脂が過剰に分泌されると(脂漏といいます)バランスが崩れて増えすぎた脂肪酸が皮膚を刺激して炎症を起こすのです。エイズに罹ると免疫が低下してバランス良く皮膚に棲んでいる真菌が異常に増えて発症することもあるようです。

この他の原因として、皮脂中の過酸化脂質の刺激・ビタミンB2とB6の欠乏・アルコール依存・ストレス・糖尿病・肝臓疾患などがあげられておりますが、まだ分からないことが多いようです。

脂漏性皮膚炎の治療

自己診断は危険ですので、必ず医療機関で真菌の検査を受けてから治療するようにします。

治療方法は症状が出ている場所や状態によって薬を使い分けるのが効果的と言われます。

外用薬は真菌を抑える効果がある「外用抗真菌剤」、患部の炎症を抑える「外用ステロイド剤」などが使われます。

内服剤としては、かゆみを鎮める「抗ヒスタミン剤」「抗アレルギー剤」、細菌の感染がある場合は「抗菌剤」、ビタミンの不足を補う「ビタミン製剤」などが投与されます。

日常生活で気をつけること

脂漏性皮膚炎に罹ったら日常生活では次のようなことに注意して症状を改善させていくことを心がけます。

(1)清潔にすることです。特に入浴の時は、丁寧に洗って皮脂や角質のはがれたものを洗い落とすようにします。低刺激性のシャンプーや石鹸を使います。患部をごしごし洗うと悪化させることがありますので避けます。

(2)バランスの良い食事をします。ビタミンB2とB6の欠乏が原因の一つにあげられています。ビタミンB群を含む食品を取るようにします。レバー・ほうれん草・魚介類・豆・卵などが多く含んでいます。また、イモ類・海草・キノコなど食物繊維を多く取ることも必要です。

一方、糖分の多い菓子類・ナッツ・コーヒーは皮脂の分泌を促しますので悪化させる可能性があり避けるようにします。アルコールも駄目です。

本ウェブサイトについて

・ 本サイトはリンクフリーです。どのページへもご自由にリンクなさってください。
・ 掲載されている情報は不完全な場合があります。自己責任でご利用ください。
・ 本サイトは何も保証しません。一切責任を負いません。