コンタクトの目やに

目やには分泌細胞の腺から出る粘液で涙と一緒になって角膜の表面を保護しておりますが、就寝時はまばたきが行われないため代謝されずに目頭近辺に蓄積されたものです。コンタクトを安全に使うため使用説明書の指示に従うことが大切です。

コンタクトの目やにTOP

目やにが出る原因

最近はコンタクト(レンズ)をつけたら目やにが出るようになったという相談をよく見かけます。そこでまず目やにが出る原因について調べてみました。

目やには、分泌細胞の腺から出る粘液だそうです。私はたまに黄色状の目やにが出ることがありますので、目やには黄色いものだとばかり思っていました。

ところが、目やににも種類があるのですね。水っぽい目やに、黄色っぽい目やに、ドロドロした目やにが代表的なもののようです。

人間の目の結膜は血管やリンパ組織が多いので、細菌やウイルスに感染しやすいと言われております。感染すると炎症が起こりますので目やにがでます。

正常な分泌細胞の腺からでる粘液は、涙と一緒になって角膜(黒目)の表面を覆って角膜を保護しています。これは涙の膜と呼ばれ、瞬きをすると新しい膜に変わるそうです。

この時古い涙の膜はお役ごめんとなり、目の表面についたゴミと一緒に目頭から鼻の方にかけて集まり排出されるようです。しかし、寝ている時は瞬きをしませんので、排出されずに目頭近辺にたまってしまいます。

これが目やにですので、朝起きて多少の目やにがあるのは当たり前ですが、その量が異常に多く、目が開かないくらいになるようでしたら目の病気が疑われますので専門医の診断を受ける必要があります。

例えば、水っぽい目やにはウイルス性結膜炎に罹患した疑い、黄色っぽい目やには細菌性結膜炎の疑い、ドロドロした目やには慢性涙嚢炎が疑われます。この他に、鼻の病気で目やにが出ることもあるようです。

子供の目やには80%が鼻の病気によるものという人もいます。コンタクトをつけている人は異物を目に入れているわけですからつけていない人より目の病気の前兆ともなる目やにが出やすいものと思われます。気になるようでしたら、早めに専門医に診察してもらうと良いでしょう。

コンタクトと目やに

コンタクトをつけた人が目やにの量が多くて悩まされる場合、その目やにがコンタクトを使用したためなのか、別の原因で目やにが出たのか、特定するのはちょっと難しいかも知れません。

それまでは目やにが少なく、コンタクトをつけたら急激に目やにが増えた時はコンタクトで目の組織を傷つけた可能性があります。

あるいはコンタクトが引き金となって、細菌あるいはウイルス性の結膜炎に罹った可能性も考えられます。目やにが一過性のものであれば、すぐに元に戻るでしょうが、しばらく続くようでしたら、早めに専門医の診断を受けることが安心につながります。

コンタクトを使っている場合は、直接目に装着をしますので、異物が入ってきたことで目が異変を起こし目やにが出る可能性があります。目やにを出さないためにコンタクトの装着には常に次の点検項目を頭に置いて実行されることをお薦めします。

(1)使用説明書に記載されている装着時間を守ること、(2)目の調子が悪い時は装着時間を短縮して早めにコンタクトをはずすようにすること、(3)取扱い説明書をよく読んで常に清潔管理をすることなどです。

コンタクトを購入する時、コンタクトと同じ度数や乱視の眼鏡を作っておくとコンタクトを外すときに眼鏡が使えますので、それほど不便を感じないですみます。コンタクトを使用中に目やにが出始めたら、コンタクトの使用をやめて様子をみます。

それでも目やにが続くようでしたらやはり専門医に見てもらう必要があるでしょう。

本ウェブサイトについて

・ 本サイトはリンクフリーです。どのページへもご自由にリンクなさってください。
・ 掲載されている情報は不完全な場合があります。自己責任でご利用ください。
・ 本サイトは何も保証しません。一切責任を負いません。