ボトックスで小顔に! - ボトックス注射について

ボトックスは多汗症の治療など医療用として使われておりましたが、美容にも効果があることが分かり、現在は小顔やしわ取りあるいはスリムな足にするなど美容治療にも使われております。時には副作用が出ますので受療前に十分な調査が必要です。

ボトックスで小顔に! - ボトックス注射についてTOP

ボトックスの効果

今ではしわなどの美顔対策で関心がある方は皆知っていることと思いますが、ボトックスは1970年代からアメリカで多汗症の治療に使われ始めました。

そして、ボトックスという名前はアメリカにある会社「アラガン社」の商品名なのです。

成分はなんと代表的な食中毒菌でそのなかでも神経性の猛毒を持つといわれるボツリヌス菌が持つ神経毒素複合体のうちから、A型の血清型毒素だけを精製して取り出したものです。

どうしてこのように危険と思われるボツリヌス菌が多汗症などの治療に使われるようになったのでしょう。

ちょっと難しいですが、ボトックスの成分は、クロストリジウム・ボツリナムとクロストリジウム属菌のA型毒素です。

この成分は、アセチルコリンの分泌を阻害するといわれます。アセチルコリンは神経伝達物質で、副交感神経や運動神経の末端から放出され、神経への刺激をシナブスを通して伝える役割を果たします。

多汗症はこのアセチルコリンがエクリン汗腺に指令を出して大量の汗を出させます。アセチルコリンの分泌をボトックスで抑制すれば多汗症の症状が改善されるというわけです。このボトックスが1980年代に入ると美容関係にも有効であることが分かり使われるようになりました。

ボトックスを注射すると筋肉の活動が抑えられ痩せることが分かったからです。

小顔ってどんな顔?

「蓼食う虫も好き好き」とよく言いますが、人には相性やその人の美的感覚があり、自分が素敵な女性だなと思っても他の人から見ると「なんであの人がいいの?」というようなことはよくありますね。

それでも日本の女性は小顔の美人になりたいと誰もが思っているようにみえます。ところで、私も時々意味もよく理解しないで「小顔の美人」などと言うことがあります。そこで「小顔」に定義あるいは基準があるのかちょっと調べてみました。

定義らしきものは見つからなかったのですが、小顔の条件のようなものがありました。それによると、(1)眼が大きく見えること、(2)鼻が高く細く見えること、(3)顔の外形が卵型または逆三角形型であること、

(4)その他の差異があまりなく平均的であることの条件を満たせば小顔と言えるそうです。顔の重心が上顔面にあり、歯と顎の骨は小さくないと小顔とはいえないそうです。ボトックスがこの小顔を作るのに有効だといわれておりますことは日本の女性の多くがご存知のことと思います。

ボトックスで小顔美人に

医療用でスタートしたボトックスが美容効果もあることで人気を集めておりますがボトックスで小顔治療もできるそうです。

ボトックスによる小顔治療は、ボトックスを直接顔のエラの部分に注射します。

ボトックスを注射すると一時的な神経麻痺が起こり、筋肉の活動が抑えられて注射した部分がやせる効果があります。この効果を使って小顔の美人を作り上げようというわけです。

ボトックスはしわにも効きますので若さも取り戻した一石二鳥の小顔美人が誕生します。

また、小顔治療と同じようにボトックスをふくらはぎに注射すると、足がスリムになります。

ボトックスで小顔美人であり足痩せ美人でもある新しい女性が現れる世の中になってきていると言えますね。ただ、小顔美人になりたいばかりに、ボトックスに副作用も時にはあることを忘れてはいけません。

体調や体質によっては頭痛などの副作用が出ることがありますし、ボトックスの小顔治療実施後の副作用は医師の技術にもよるそうですので、十分信頼できる医師に依頼することも大切です。

本ウェブサイトについて

・ 本サイトはリンクフリーです。どのページへもご自由にリンクなさってください。
・ 掲載されている情報は不完全な場合があります。自己責任でご利用ください。
・ 本サイトは何も保証しません。一切責任を負いません。